…thought as much.

外資系企業につとめるアラサー男子。素人以上マニア未満の趣味を書き連ねます。

[文具]ラフスケッチに最適、芯ホルダー! Erich Krause DRAFTがいい!

芯ホルダーとは

芯ホルダーは、鉛筆の芯と同じようなものを入れて使うシャープペンのようなもの。書き味はあたかも鉛筆のようであるが、芯が短くなったら更に少し引き出して使えばいいので使い勝手もよい。
2㎜の芯のものが多いようだが、さらに太い芯もあり、好みに応じて芯とホルダーを選択することができる。

日本メーカーも多く製品をリリースしているが、ステッドラーファーバーカステルロットリングをはじめとするドイツメーカーのほうがよく見るイメージである。
※個人的な感覚ですが。

どんな時に使うのか

建築士が設計図を描いたり、イメージ図を描く際に使うこともあるそう。確かに、知り合いの設計事務所の人は芯ホルダーを愛用していた…

デザイナーの方や絵を描くのが好きな人には、書き味は鉛筆と一緒ながら取り扱いは楽なので、重宝するのではないか。

 私の場合は、仕事で作る資料の下書きに使っている。
ボールペンや万年筆で書くよりもラフに描ける感覚があり、粗削りなイメージをシャープにしていくときにすごく良い。A4の方眼紙と合わせて、スペースにゆとりを持ちながら使うのが最近の個人的な流行りである。

f:id:Shin_34:20170623091259j:plain

芯ホルダーの選び方

芯ホルダーは大きく2つに分けられる。

  • ノック式・・・あたかもシャープペン。ノックした分だけ芯が出るもの。
  • ドロップ式・・・ノックしている間、芯の調整が自由にでき、必要分だけ調整してでるもの。

シャープペンと同じように、芯を出す長さを意識せずとにかく簡単に使いたい人には、ノック式をおすすめする。
一方で、イラストやデザインメインに使う人で、長さも都度替えて線の太さを変えて描きたい人には、ドロップ式がいいのではないか。

好みは人それぞれだが、シャープペンで育ってきた私はノック式が好みである。
また、ノック式であれば、結局ドロップ式と同じような使い方もできるので、一挙両得である。

おすすめの芯ホルダー

f:id:Shin_34:20170623091249j:plain

おすすめの芯ホルダーは↑の3つ。上から、

  • Erich Krause エリック クラウス DRAFT 2mm芯ホルダー(ノック式・ロシア産)
  • ECOBRA 830061 2.0 (ノック式・ドイツ産)
  • STAEDTLER マルス テクニコ 芯ホルダー(ドロップ式・ドイツ産)

どれも使い勝手がいいもののみを厳選した。手に入れにくいが、、、

上2つのノック式のものは、比較的軽く、書き続けても疲れにくい。
下のマルステクニコは程よく重みがあり、"描いている!"という感覚を得られる。

 特にはまっているもの

中でもErich Krause DRAFTはおすすめである。

f:id:Shin_34:20170623091253j:plain

  • ロシア産って珍しい!
  • 軸が三角形なので、持ちやすい。
  • ノック部分の芯削りにキャップがついている。←コレ重要!
  • 安い。¥400くらい?

手に入れにくいかもしれないが、もしどこかで見かけたら是非試してみてほしい。

リンク

※ECOBRAは上記リンクのものから少し仕様変更しているかもです。

 

[文具]まさに鳥居の色! 京彩 "伏見の朱塗"

京彩(きょういろ)"伏見の朱塗"

f:id:Shin_34:20170621134913j:plain

ずっと欲しくて最近やっと入手したこのインク。

京彩は、京都の文具店TAGがオリジナルで製作する万年筆インクの一つで、京都の美しさを感じられるようにというコンセプトで作られたもの。

京都の伝統的な染織技術により培われた技術により開発された...

https://www.takedajimuki.co.jp/products/detail/236230.html

とのことで、文具店TAGさんの京都発の伝統技術への思い入れを感じる製品である。
他の色バリエーションもあるので、是非見てみてほしい。

まさに鳥居の色か!?

f:id:Shin_34:20170621135554j:plain

赤系のインクはあまり持っておらず比較対象が少ないのだが、手元にあったエルバンのイナゴマメレッド " ROUGH CAROUBIER "と比べてみた。

書いた直後の色は同じように深い赤色(まるで血のような感じ、、、)なのだが、乾いていくにつれ、それぞれ色見の違いが少しだけ表れる。

  • 伏見の朱塗・・・ オレンジ系の赤に変化(まさに塗りたての鳥居の色)
  • イナゴマメ・・・ ピンク系の赤にほんのり変化

いずれもインクの濃淡を楽しむことができるが、朱塗の方が濃淡の差が大きいように思う。

※写真上、違いが分かりにくくすいません。本当はどちらも、もっときれいな色です。

おススメな使い方

伏見の朱塗は乾くにつれて鮮やかな色になっていくこともあり、少し時間が経つと、書いた文字がクッキリと浮かび上がるイメージである。

したがって、白黒印刷資料に赤入れするなど、文章や資料の校正時に使うと、インクの持ち味を最大限活かせるのではないか。

赤入れでの使用を想定すると、一定時間継続して書き続けるわけではなく、必要な時だけ書く使い方になるため、キャップの開け閉めを気にすることなく使えるPILOTのキャップレスとあわせて使うのがオススメである。

個人的にはこの使い方てで使用しており、大変満足している。

 

リンク

アフィリエイト等貼っていないので、お気楽にどうぞ。

京都の文具店TAGオリジナルインク「京彩(きょういろ)」 万年筆・筆・ガラスペン等に

www.takedajimuki.co.jp

 

 

[文具]仕事で使う厳選文具4選

概要

あなたは仕事で100円ボールペンばかりを使ってはいないだろうか。
特にリーマンのあなた!社給のボールペンやノート、学生時代の汚れたペンケースを使っていないだろうか。

もちろんこれは全く悪くないのであるが、時計や靴と同様にボールペンやノートといった文具も持ち主のステータスを表すものとして見られる事があるため、最低限、"見せていい"モノを持つべきである。※実体験ベースの実話

一方でブランド品で見た目重視&実用性が皆無なものを選んでも、単なる宝の持ち腐れにしかならない。

そこで、ここでは実用性に配慮しつつ、最低限持っていて間違いないモノについて、選ぶ条件とともに紹介したい。


選ぶ条件

  • お客様の前でも恥ずかしくないもの
  • 実用性を兼ね備えているもの
  • 必要最小限の量

厳選文具

毎日使うもので、最低限これさえあれば何とかなるものを厳選文具とした。

f:id:Shin_34:20170619105406j:plain

ボールペン(2本)

多色と単色を1本ずつ。どちらも実用性のあるものを選択。

  • LAMY2000 L401(4色ボールペン)
    多色ボールペンの雄。見た目もスマートで使い勝手もNo.1。
    ペンを1本しか持てないとしたら、間違いなくこれを選ぶ。壊れてもまた買う。

    ラミー 2000 | ラミー・LAMY

  • 伊東屋 ROMEO NO.3(単色ボールペン)
    伊東屋の傑作ボールペン。ルックス、価格、機能性どれをとっても最強。
    パーカータイプの替え芯(リフィル)が入ることもGood point!
    海外ブランドではなくコレを持っている人を見ると、"わかってるな"と思ってしまう。
    http://store.ito-ya.co.jp/tokushu/ROMEO_BALLPEN.html

 ※2本とも替え芯は好きなものに替えて使っています。詳細は後日。

万年筆(1本)

ボールペンがあれば大体こと足りるが、思考整理のやる気スイッチを押すためにいつも使っている。真っ白な紙にサラサラと書くことで、考えが深まることもしばしば!?

f:id:Shin_34:20170621133045j:plain

  • Pelikan スーベレーン M600 (本体)
    いろいろ試した結果、一番バランスがよく、一周回ってコレに戻ってきた。
    他の人におすすめな万年筆は?と聞かれたら間違いなくコレを薦める。
  • WATERMAN ミステリアスブルー (インク)
    緑っぽさ残る青インク。色、濃淡が好き。紙抜けも少なく、常用インクとして使っている。安価なだけでなく、使いきった時にどこでも買える安心さもあり愛用。
ノート(1冊)

f:id:Shin_34:20170621133158j:plain

  • Knoxbrain LUFT A5サイズ (システム手帳)
    とにかく軽い。薄い。スマート。買ってよかった。書き溜まってきたらスキャン&PDF化するため、綴じられる枚数が少ないことは気にならない。
  • Knoxbrain 2mm方眼メモ(リフィル)
    タテヨコで思考を整理したり、プレゼン資料の下書きに使用。スケッチにも便利。5mm方眼はよくあるが、個人的には2mm方眼の方が使い勝手がいい。

    LUFT/ルフト|knoxbrainの軽くて薄いシステム手帳 日本文具大賞グランプリを受賞

  • Davinci 徳用ノート無地ホワイト(リフィル)
    イデア出しやラフスケッチに使用。トモエリバー?なのか万年筆のインク抜けもない。万年筆インクの濃淡もきれいに表れるため常用している。

    ダ・ヴィンチリフィル:Refill:A5サイズ・ノート

 

※上記文具のレビューも順次アップ予定です。
※上記内容は個人的な見解です。実戦投入して使えるもののみ選定していますが、趣味嗜好は人それぞれなので、これだけが正解というわけではないです。

 

[自己紹介]

Shin1の経歴

大学を卒業してから日系企業を経て、外資系企業に勤めるアラサー男子(笑)。
日々、価値を出し続けることを求められる知的労働メインの業界で勤めています!

趣味・嗜好

毎日使うモノ(文具、革製品、服等)には思い入れがある性格で、ちょっといいものをつかうことで自分のやる気スイッチを押しています!
あと、音楽、飲食、映画が好きで、何かとエンタメ臭のする方向に足が向く性格です。

このブログでは…

趣味・嗜好を本気で突き詰めた結果、各種研究に勤しみ散財をしている訳なのですが、その内容が意外と他の方にも役立つかもしれない、、、と勘違いし始めたので、まとめとして書き連ねてみることにしました。

主なコンテンツ

・毎日使うモノ

 - 文具
 - 革製品
 - 服
・仕事Tips
 - 出張
・時々楽しむエンタメ
 - グルメ
 - 行楽
 

などなど、、、思い付きで新たなコンテンツが増えるかもしれませんが、、、